通貨

世界には国の数だけ通貨があると言えますが、取引きされている規模により分けることができます。世界中での取引が活発に行われていて、取引量が多く、動きも安定しているのが先進国の、主要通貨で投資に向いています。他に、準主要通貨、エマージング通貨、その他の通貨などがあります。

 外貨投資する際の基本的な知識として、2つの為替制度があることを知ってお来ましょう。

主に米ドルに対して為替交換レートを一定にして動かさない固定相場制

利点:為替変動のリスクを気にしなくていい。

弱点:長くレートを固定していると経済の実態に合わなくなって、維持するのがなかなか難しい。

市場の動きに任せて為替レートが刻々と変化する変動相場制

市場の動きに任せっきりの国、あまり大きな変動にならないようにしている国があります。

投資制度にも目を向けることは大切です。

通貨は、景気に左右されます。良ければ高い金利、悪ければ低い金利。ただし国の状態が悪いのに仕方なく金利を高くしている通貨には注意が必要です。通常は景気のいい金利の高い国の通貨に投資をしていればいいと思います。ちなみに日本の場合、金利は低いままですので、他国への投資も考えた方がいいかもしれません。