為替取引はニューヨークを参考に

為替取引というのは、図のように休日以外は世界中でいつの時点でも、どこかで市場が聞いています。そこでは円とドルの売買が常に行われています。

ですから時間になると、こちらが寝ていても突然、海外の動きで為替レートが急変することがあります。

このような時には、囲内のディーラーも起こされて海外の取引に指示を出さないと、巨額の損害を受ける場合があります。そのために、寝床に入る時は、持ち高を円かドルのどちらにかたむけないようにします。

それがリスクを最小にする方法なのです。しかし、朝が来て取引が行われる時には、だいたいはニューヨークの相場が参考になって、東京市場の相場は形成されます。

ニューヨークで円が急に高くなったり、ドルが高くなった時には、東京市場でも、損が出ないような売買が行われますので、似たような相場になります。

もちろん、ニューヨーク市場の相場がどうあれ、国内の政治的な動きに「円高は行き過ぎだ」とか、「円は高過ぎる」という方針があれば、それが口先介入となって、にわかに為替相場が変わる可能性もあります。