課税される税金と種類

まず、外貨預金の場合、税金がかかる部分は2つあり、それぞれ異なった種類の税金が適用されます。
まず 1つは利息の部分です。これは「利子所得」とされ、税率20% の源泉分離課税が適用されます。源泉分離課税なので、確定申告の必要はありません。もう 1つは、運用した外貨の一部ないし全額を円貨に戻した際に発生する為替差益の部分で、これは税法上、雑所得として扱われます。 為替差益と他の雑所得との合計が20 万円を超えた場合には、通常は確定申 告の必要がない(年間の所得が2.000 万円以下の)サラリーマンの方でも、 申告が必要となります。
外国為替保証金取引で発生した利益は、スポット益(売買レート差による為替差益) ・スワッブポイン卜受取分を合算し、税法 上「雑所得」として扱われます。「スワッブポイン卜は銀行預金 の利息と同等に扱われるのではないですか ?という疑問を持つ方もいるかも しれません。この答えですが、現在こうしたスワッブポイントを預金の利息と同等のもの とみなす法規定は芯く、したがって20% の源泉分離課税は適用されません。